縁起歴代上人

縁起紹介

当山は、正式には快楽山安養院相頓寺(けらくさんあんよういんそうとんじ)といいます。永徳二年(1382)に円蓮社聖満良順(えんれんじゃしょうまんりょうじゅん)上人によって開山されました。上人は、現在の大本山である鎌倉光明寺の第四代を勤めた後にこの原市の地に当寺を開山したとされています。

良順上人が開かれたのち、天正年間、すなわち四百数十年ほどの昔、円蓮社総譽上人によって再興されました。 内陣の枡組みを見ても、往時をうかがうことができます。

総譽上人は、小田原北條氏の一族の出であると伝えられています。檀林鴻巣勝願寺の中興で、天正十五年(1587)岩槻城主太田市房の帰依を受けて加倉(現在のさいたま市岩槻区)に檀林浄国寺を創建された名僧です。
家康も上人に帰依すること厚く、たびたび同上人の談義を聞かれていました。

このように当山は、優れた学僧によって開かれ、名僧によって再興された、古い伝統を持つ寺院です。戦後の農地改革によって二町有余の土地も解放され、また第二産業道路の予定地にかかり、境内地も縮小しています。



歴代上人
  歴代 没年月日
開山 円蓮社聖満良順上人大和尚  
開基 円蓮社聖満良順上人大和尚  
第二世 観蓮社照譽上人  
第三世 真蓮社實譽上人  
第四世 法蓮社嶽譽上人  
第五世 本蓮社願譽上人  
第六世 莊蓮社厳譽上人  
第七世 光蓮社明譽上人  
第八世 到蓮社眞譽上人聴億和尚 正保四年
第九世 一蓮社純譽上人利俊和尚 慶安三年
第十世 昭蓮社旲譽上人  
第十一世 信蓮社単譽上人覚応大和尚 天和二年
第十二世 仰蓮社楽譽上人至心伝意和尚  
第十三世 信蓮社仰譽上人頑阿秀存大和尚  
第十四世 観蓮社経譽上人  
第十五世 一蓮社転譽上人明意了阿門端大和尚 明和七年
第十六世 輭蓮社柔譽上人至心善阿潭月和尚 安永二年
第十七世 光連社因譽上人  
第十八世 精蓮社進譽上人転意淨阿諦聴大和尚 寛政九年
第十九世 明蓮社相譽上人  
第二十世 観蓮社聞譽上人演阿壽喜洲察和尚 天保二年
第廿一世 徳蓮社莊譽上人功阿典隆和尚 弘化四年
第廿二世 生連社因譽上人信阿實成和尚 慶応三年
第廿三世 蓮社縁譽上人皈敬完法和尚 文久二年
第廿四世 智蓮社鏡譽上人圓阿大道速応和尚 明治十九年四月二十日没
第廿五世 勤蓮社行譽上人眞阿實道徳冏和尚
故人 和氣徳冏上人 四十七歳
江戸ノ儒学者和氣行藏 柳齋の孫
明治四十三年十月十日没
第廿六世 顕蓮社学譽上人進阿忠含龍同老和尚
故人 吉水龍道上人 六十四歳
昭和二年四月二十六日没
第廿七世 栴檀香院粛蓮社爽譽上人卓阿維石寛隨大和尚
故人 藤田寛隨上人 六十七歳
昭和十六年三月二日没
第廿八世 誠蓮社寛譽上人葆光徳含老和尚
故人 和氣徳含上人 五十四歳
昭和二十年三月二日没
第廿九世 忠蓮社信譽上人隨阿勤行寛道老和尚
故人 和氣寛道上人 八十四歳
二十五世 徳冏上人の三男
昭和五十七年四月五日没
第三十世 歴代「和氣正美上人」 前住
第三十一世 歴代「和氣昭祐上人」 現住